P7140015_edited.jpg

 

                            「善きに変えられる信仰」

   皆さま不安多き世相の中で、いかがお過ごしでしょうか。

   私たちが置かれている世の中を、毛糸玉のように善を白でまき

  悪を黒の毛糸で巻いていくとしたら、どちらの毛糸が大きくなっ

  ていくでしょうか。

  人の親切や情けやあわれみという、喜ばしい良い出来事もあれば

  人の弱みにつけこんだような悪事、偽り、傷つけ罪深い悪い事が

  悲しいかな次々と起こっています。

   このような世の中でいかに失望落胆せずに雄々しく歩んでいく

  秘訣があります。変わらない聖書の約束の言葉に聞きましょう。 

   「あなたは善なる方、すべてを善とする方。

    あなたの掟を教えてください。  」 詩編119:68

  

   〇 善なる真の神様

   善なる神には、少しの悪も偽りもありません。一人の人間の内には

  善と悪しきものが混在する姿がありますが、真の神はそうではないの

  です。どこまでも恵み深く、子を想う母のように慈しみに満ちておら

  れ、時に慰め、身をかがめる者を新たに立ち上がらせてくださいます。  神は、苦しむ人や罪深い者にも救いと祝福を与えようと最上の贈りも

  のとして、イェス・キリストの命をこの世に贈ってくださいました。

  このお方を受け入れより頼む人こそ、味わうことができるでしょう。

 

   〇 すべてを善としてくださる神様           

   これこそ人の業では不可能ではないでしょうか。全てとは、

  良い事のみでなく良くない事も含みます。苦しみ、試練、痛みな

  どさえもです。 *(旧約)ヨセフという人は、若い時までは不運   な人生をたどりました。しかし、後々には幸運と祝福を与えられ

  ました。~兄たちの悪だくみによって、奴隷として売られる身となり

  数々の苦難にあいましたが、主なる神が見守っておられました。

  他国で認められ高い地位を得ました。やがて摂理の中、ききんで

  食料を求めに来た兄たちと再会し、逆に救う側となったのです!    71節には「苦しみにあったことは、私に良い事です。これに

   よってわたしはあなたのおきてを学ぶことができました。」と

   あるとおりです。

   〇 悪い事さえも善に変えられる神信仰

  *不自由なお体で長い間絵&詩を書かれている星野富弘さんの

  美術館を訪れた時、ビデオの中でクリスチャンとなられた本人いわく

  「私はこのような体となって幸せでした。・・・」とは、心打た

  れる思いでした。存在そのものがどんなに多くの人々の励ましと   なっておられるでしょうか。

   先のヨセフは、ついに兄たちと和解に導かれて心から主なる神

  を仰ぎつつ信仰によって語りました。

  「あなたがたは私に悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え

   多くの民の命を救うために、今日このようにしてくださったの

   です。・・・」 創世記50:20 本当にそうなのです。    

  

   私たちの前途に何があるか分かりません。けれどもどうか善な

  る神を信じ、イェス様は私たちを顧みていてくださいますので

  主はすべてを善きにしてくださるという信仰によって、主の恵み

  と祝福の空に向かって羽ばたいてゆかれますように心からお祈り

  いたします。

                 主にあってシャローム !